基本を押さえる

アジサイなどの植物を育てる場合は、基本を押さえておけば安心です。基本が分かっていれば、初めて植物を育てる人でも簡単に花を咲かせることができるようになります。基本的な育て方のコツを掴んでいきましょう。

アジサイを育てるポイント

土を作る

アジサイは土によって花の色が変わるタイプの植物です。土にも工夫をこらしてみましょう。青色のアジサイを咲かせたい場合は、酸性の土を用意します。赤玉土5と腐葉土3、ピートモス2の割合で配合しましょう。ピンク色のアジサイなら、赤玉土7と腐葉土3、苦土石灰を一握りでアルカリ性の土を作ります。

水を与える

一般的にアジサイは乾燥が苦手です。その為、たっぷりと水を与える必要があるのです。水やりのタイミングとして適切なのが午前中で、涼しい時間に行いましょう。土の表面が乾いてきたタイミングで水を与えます。また、夏場は夜にも水やりをすると良いでしょう。

肥料を使う

肥料を適量与えると、アジサイは元気に育ちます。より綺麗な花をたくさん咲かせることができるでしょう。基本的に緩行性の肥料を使います。窒素とリン、カリウムが均等に含まれている肥料を3月から4月、7月から8月、12月中旬から2月上旬にかけて与えましょう。また、花が咲いてからは、遅効性の液体肥料を使います。

基本的な育て方を調べてアジサイを栽培しよう

女性

基礎から学ぶ

ガーデニングを始めたいと思っている人は、植物を育てる基礎知識を身に付けると良いでしょう。基礎がしっかりとしていれば、様々な植物を育てることができるようになります。まずは、植物の育て方から覚えてみましょう。アジサイなどの簡単な植物だけではなく、だんだんと上級者向けの植物にも挑戦するためのスキルが身に付いてきます。

庭の手入れをする

庭がある家庭では、造園なども楽しんでみると良いでしょう。ちょっとずつ手を加えていけば、立派な庭を作り上げることができるのです。まずは、草むしりなどの簡単な作業から始めてみましょう。初心者でもできることから手をつけることが楽しむ秘訣です。雑草などを取り除くことによって、無駄がなくなります。ガーデニングを行うための土台ができるのです。

プロの力を借りる

どうしても草むしりなどの作業を行う自信がない人は、専門の業者を利用してみると良いでしょう。草むしりから剪定、伐採に至るまで、必要な作業を依頼することができます。また、造園業者ならではのアドバイスも頂けるでしょう。このように、業者からのアドバイスをもらうことによって、必要な知識を身に付けられるようになるのです。

植物を初めて育てた人の声

思ったよりも楽しい【男性】

はじめは植物なんか育てて何が楽しいのか理解できませんでした。でも、あまりに暇だったので試しにアジサイを育ててみることにしたのです。始めてみると、段々と植物の成長が楽しみになってきました。花を咲かせた時には感動しましたね。今ではガーデニングにどっぷりハマってます。

業者に来てもらった【女性】

庭でガーデニングを始めようと思ったのですが、何をしたら良いのか分からなくて困っていました。そこで、友人から紹介してもらった造園業者に来てもらったんです。草むしりなどをお願いしました。色々と造園についてのアドバイスも貰えて助かりましたね。私も今では初心者にガーデニングのコツを教えることができるようになったんです。

広告募集中