健康を考えよう【野菜用洗剤を使うメリットを解説】

ウーマン

安全性の高さが必須

野菜

残留農薬やワックスを取り除くために、野菜を洗剤で洗うことが常識となりつつあります。洗浄力、安全性、信頼性に優れたものを選び、食の安全を確保することが大切です。自然の成分から作られ、アルカリ性のものが最適です。

料理下手なわけじゃない

レディ

野菜は水洗いが当たり前だと思っている人も多いですが、実際には洗剤で洗うこともできます。これは昔の野菜に汚れや虫の卵がついていたことが原因となっています。実際に洗剤を使って洗う時には、食器同様の洗い方は行わないようにしましょう。

食材の汚れを落とすために

調理

ヘルシーで美味しい野菜たちは、そのまま生の状態でサラダやスムージーとして摂取することもよくありますが、市販されている野菜には、農薬やワックスなどが使用されているケースも多く、さらには大腸菌などのリスクもあるため、食べる前に洗うことが必須です。けれども普通の水で洗うだけではなかなか落ちないのが現実で、そうなると残留した農薬なども一緒に食べてしまうことになるので心配です。そういった時に是非とも利用したいのが野菜専用の洗剤で、野菜専用の洗剤があれば、そういった汚れたちを水で洗うよりも断然効率的に落とすことが可能となります。ちなみに洗剤の使用方法も基本的に簡単で、適当な桶や容器に水を溜め、そこに使用方法に従った適量の洗剤を入れます。その中に食べたい野菜や果物をつけおきしたり洗ったりして、最後に水洗いを三十秒ほど実施して洗剤を落とします。たったこれだけの方法なので誰でも簡単に実施することが可能ですが、少し注意したいこととして、つけおきの場合は五分以上はつけないことと、洗剤の成分が完全に食品原材料で作られているものを選ぶことがポイントです。ちなみに野菜や果物だけでなく、ちょっとした油汚れなども落とすことができますし、スポンジやブラシなどに使用すれば、除菌の効果も期待できます。このように使用方法もいろいろで、さまざまなものが綺麗になって食品原材料で作られているために安全かつ安心して食べられます。食の安全性が問題となっている現代では、需要も高まる傾向にあります。

農薬の除去が可能

野菜

野菜に付着した農薬は水で洗い流すだけでは不十分であり、専用の洗剤を使用する方が安心です。農薬は人体に様々な悪影響をもたらすものであるため、口に入れる前にしっかりと除去する必要があるのです。野菜ばかりでなく果物などにも使用できる天然の素材でできた洗剤が販売されています。