健康を考えよう【野菜用洗剤を使うメリットを解説】

婦人

安全性の高さが必須

野菜

信頼できる原材料を使用

世の中が健康志向になり、野菜の残留農薬の問題が持ち上がっています。安全に野菜を食べるために、野菜用洗剤も販売されており、食べる前に洗剤で洗うのが常識になりつつあります。野菜を洗う洗剤を選ぶときは、安全性を第一に考えるのが重要です。食器用の洗剤でも、野菜洗いに使えるものがありますが、界面活性剤が使用されているものは、避けたほうが無難でしょう。残留農薬やワックスは、アルカリ性に溶け出す性質があるため、アルカリ性の洗剤を選ぶことが大事です。溶けだした残留農薬やワックスは、油のような形状で浮いてくるので、効果を目で実感できます。天然の成分で出来た洗剤は、最も信頼できるものの一つですが、ホタテガイの殻を使った洗剤は、人体にも環境にも優しく、安心して使える製品です。放射能検査をしたホタテ貝を使用したものや、原材料の生産地がはっきりしているものを選ぶと、更に安全性も高まります。そして、野菜は毎日食べるものなので、コストパフォーマンスが良好なものが最適です。いくら残留農薬やワックスがきれいになっても、継続して使い続けられる製品でなければ、本末転倒です。家系に負担をかけすぎないものを選ぶようにしましょう。プラスアルファとしては、残留農薬やワックスだけでなく、サルモネラ菌やO157を代表する大腸菌なども殺菌できる洗剤であれば、何の不安もなく野菜が食べられます。野菜を洗う洗剤を賢く選んで、食の安全を確保しましょう。